【佐久市の学校給食】子供の食物アレルギー

【食物アレルギーのある児童の給食】

食物アレルギー

乳製品

食物アレルギーのある人は、乳製品、小麦やそば、卵といった特定の食品を

食べると発疹、呼吸困難などの症状が出ます。

昨年、都内の小学校で、乳製品のアレルギーのある子供が給食を食べて

死亡する事故が起きました。

県内でも、食物アレルギーのある児童向けの給食は、須坂市の小中学校や

長野市、上田市、佐久市の3市の多くの小学校で給食を提供していないことが

わかりました。

調理施設が狭く、専用の調理スペースの確保が難しいということです。

食物アレルギーのある児童は、自宅からおかずを持参して対応しています。

 

県内の食物アレルギーがある小学生は、5626人(4.8%)

中学生は、2922人(4.8%)

 

県外などでは、学校給食の食物アレルギー対応マニュアルの作成も

しているようです。

食物アレルギー診療ガイドラインが6年ぶりに改訂されました。

食物アレルギーの定義を見直して、

原因食品であっても量的安全と質的安全が証明されれば、摂取してよいと

いう考え方に定着しました。

食物アレルギー診療ガイドライン 

食物アレルギーのある子供さんは、お友達と同じ給食を

食べることが嬉しいと思いますが、

学校でもアレルギーの対策を考えていく必要がありますよね。


==============

【佐久市の整体・カイロ】こばやし施術院

小海駅通り徒歩3分、八十二BKのとなり

TEL:0267-92-0061

営業時間:9:00~19:00

ホームページを見てと・・・お電話ください。 

コメントを残す

このページの先頭へ