はじめての方へ

ホームーページをご覧いただき、ありがとうございます。

「こばやし施術院」院長の小林と申します。

こばやし施術院

あなたの周りには治療院がたくさんあって、どこに行けば 良いのか、 治療院がどんな所なのか、不安な思いで
いらっしゃるのではないでしょうか?

当院は15年間に渡り、南佐久郡小海町で肩こり、
腰痛をはじめ、自律神経の不調、原因不明の症状や、
様々な痛みを持つ患者さんと向き合ってきました。

当初は不安に思っていた方たちも「女性の先生なので安心 でした。心も体も楽になり、症状が改善されました。」 という 喜びの声を数多くいただいています。

ここ佐久市でも驚くほど治療院が増えましたが、
あなたは不思議に思ったことはありませんか?

これだけ治療院があふれているのに、病気や痛みに悩む
患者さんがなぜ減らないのか?

その理由は、情報が氾濫していて正しい知識を伝えるのが
難しくなっていること、十分な説明が出来ていないこと、
患者さんと治療院との考え方の不一致、などが原因として
挙げられると思います。

治療院業界がビジネス化していることも大きな要因です。

氾濫している治療院の大半が、マニユアルに従った
施術をこなし、痛みの緩和を提供しているだけなのです。
それでは、本当の解決にはなりません。

15年間、患者さんに向き合い続けて、見出した答えは

病気や痛みの根底には「心」感情の要素が大きく影響
しているということです。 これは私自身にも経験があります。

頑張っている人ほど病気になります。
頑張ることは限界を超えて力が入ることです。
また、治すことに頑張り過ぎても治りません。

ストレス社会だからこそ、力を抜いて自然体で
生きることが必要な時代なのではないでしょうか?

「自分らしく生きること」

それは、あなたの心身の健康につながっています。
あなたご自身の個性を開花させて人生を送ること。
限られた人生ですから、出来るだけ幸せを感じられる
日々を過ごしたいものです。

当院は、あなたの健やかな人生をそっと支える治療院
でありたいと考えています。

あなたの治療院選びの参考になれば幸いです。

現代医療の盲点

現代医療は、飛躍的な進歩を遂げてきました。
医療の専門化、細分化する中で、ロボットが手術を
する医療技術まで進んでいます。

MRI検査

しかし、医療の対象は人ではなく検査や病変と痛みで
あり、的確な診断ができるため、「気の病」を持つ
患者さんを診ることがなくなりました。

「医学があって医療がない」というのが現状です。

知って頂きたいのは、病気には必ず原因がある ということ。 そして、その原因は一人ひとり異なります。

病気や症状を引き起こす原因が存在していることに
目を向けることはなく、症状の緩和や目先の痛みを
取ることを目的とした手術や薬物による対症療法には
限界が見えています。

病院は病気を治してくれる所と考える患者さんと、
医療は的確な診断と手術か薬と考える医療者との間に
考え方の相違が存在しています。

目に見えない深い溝のようなものがあるのです。

科学に頼り過ぎると見えないものがあります。
それは、人の内面「心」であり感情的な痛みです。

皮肉なことに、医学の進歩と共に救われる命が犠牲に
なったり、薬物依存者を増やし新たな病気を生み出すなど、
命の危険にさらされる可能性が常にあるわけです。

現代の医療では、完治できない病気がいかに多いのか、
限界があることを理解して、必要に応じて最小限に
医療を受けることが望ましいのではないでしょうか。

医療に頼らず原因を見極め、解消できる方法があります。

 

当院の理念

「自分らしく、いきいきと人生を送る」お手伝いをします。

現代は、日々の生活や仕事にしても、あらゆる面で
自分らしさを出して生きていくことが難しい時代です。

周りを気にし過ぎて合わせてしまう、言いたいことを
グッとこらえてしまう、その結果過剰なストレスを
抱えている方が実に多くおられます。

あなたの内面から起きている「心」の感情が身体症状に
表れることがあります。

頑張り過ぎていると、
首や肩に強い緊張が出たり、奥歯を噛み締めていたり、
肩や背中が重く痛みを感じたり、体の力が抜けずに
眠れなくなり、常に慢性疲労を感じるようになります。
そして、姿勢に影響を及ぼしていきます。

痛みとは、感情と感覚と言えるのです。

当院では、一人ひとりの異なる状況や生活習慣を
踏まえた上で、痛みの原因のプロセスに目を向けた
根本治療を行います。

5年先10年先まで、希望ある人生設計ができるように
長い目で見た「あなたの健康を支える」ことが
私の使命であると考えています。

これからは、自分らしく生きることが
より求められる時代になるのではないでしょうか。
心のバランスを崩すことになった生活習慣や、
考え方を今一度見直すこと。

それが自分らしく生きることだと思うのです。

 

当院の治療方針

痛みの原因を共有し症状の改善に取り組むことです。

治療で一番大切なのは「あなたとの会話」です。

患者さんとの会話

気持ちを楽にして、悩みをお話ください。

ご自身の体に起きている「痛みの原因」がわからない
というのは、とても不安なことではないでしょうか?

家族や周りからも、「わかってもらえない」辛さも
あることでしょう。私も同じ経験をしていますので、
あなたの抱えている不安は、とてもよくわかります。

あなたの声に耳を傾けることが、治療の始まりです。

あなたとの積極的な会話で、身体の状態、痛みの原因、
抱えている悩みや不安を、共有していきましょう。

どちらか一方が「痛み」に関心を持つのではなく、
あなたご自身も、痛みの原因に目を向けてください。
会話の中で、解決できる心の痛みもあるのです。

慢性痛の方は、自分の痛みを医師にも家族にも
理解されないことが多々あります。
そのため心理的な痛みを伴い、心理療法の治療が
必要とされて、薬を処方されている方もいます。

しかし、心と体を別のものとして治療をすることは、
不自然なことではないでしょうか?

薬で、心と体のバランスを取ることはできません。
完治を難しくしてしまうだけなのです。

私の経験からも、患者さんの心という個人的な要素が、
治療の効果に大きな影響を与えています。

あなたと痛みの原因を共有して、一緒に痛みの改善に
取り組むことこそが、最善の治療だと考えています。

当院の治療方針は

1 あなたとの十分な会話を重視します。
2 しっかり可動域検査を行います。
3 体の状態に合わせた丁寧な施術を行います。
4 あなたの生活習慣のアドバイスをいたします。
5 積極的な予防を目指します。

あなたのお体の状態に合わせた治療を行います。

※リラクゼーション目的には対応できませんが、
末永く健康でありたい方のお力にはなれます。

 

もっと健康に

健康家族

どんな人にかかわらず、多くの人は生活習慣と
健康の関係を理解していません。

健康は偶然であり、自分ではコントロールできないと
考えているようです。
「病気になったら病院で診てもらう」自分の体を
人任せにしてしまうのです。

そのために、本当はもっと健康になり充実した生活を
送れるのに、そうできずにいる人は少なくありません。

幾つかの基本を的なことを行えば、健康は大幅に向上
させることができます。

医学がどんなに進歩しても、病気を治すのは薬や
手術ではなく、体の自然治癒力なのです。

自分の身体を健康にするのは、あなたにしかできません。

予防は治療に勝るのです。

 

「健康はコントロールできる」

生涯、自分の歯で美味しく食事ができること。大きな病気も
せず、体が自由に動き、毎日元気で生活が楽しめること。
そんな健やかな人生を送ることが理想です。

歯を失えば食事の楽しさも変わります。病気になれば、
医療費の負担も増え、体力も弱くなります。足腰が悪く
なれば、生活に不自由を感じたり、旅行に出かけることも、
なくなり、人生の楽しみが大きく半減してしまいます。

健康を目指すことは価値のあることではないでしょうか?

          ☆☆☆「基本的なケアを忘れない!」☆☆☆

★体のケア

健康に気をつけて生活をしていても、日常の変化は
少なからずあるものです。
人は何かしらの悩みを抱えて生活をしている方が、
多いのではないでしょうか?

家族間の悩み、健康の悩み、仕事の悩み、人間関係の悩み
経済の悩み、幾つかの悩みを抱えている方もおられます。
悩みの深さや期間によっては、精神的なストレスです。

過剰なストレスは、体を緊張させて、常に力が入った
状態となり、体に疲労物質を作ります。乳酸という
コリの元になるものです。

歯磨きで磨き残した歯垢のようなものと同じです。

精神的なストレスが、体に疲労や症状として表れたり、
体で感じる疲労や痛みが、心に変化をもたらすことは、
しばしばあることです。

このような状態が続けば、疲労のサイクルができて
食事や睡眠で回復することが難しくなります。
自分で解消できなければ、体のケアは必要です。

痛みがなくても、心と体のバランスを取るために
自律神経の働きを正常にする必要があります。
緊張に傾いた神経を、弛緩する神経が働くように
しなければ、体の疲労は回復していきません。

なぜなら、緊張の神経は、体を身構えさせて
戦闘体制を取らせる神経なのです。

体の不調は、日常の生活の中で、心身の変化によって
つくられていきます。健康は、体と心のバランスで
保たれていることを忘れずに、ケアを積極的に取り入れて
いただきたいです。

痛みが解消されると、痛みが出るまで放置して、
再発させる方がおられますが、痛みを繰り返すことは、
回復を遅らせて完治を難しくしてしまいます。

治療院が患者さんに、十分な説明をしないために、
痛みを繰り返して、回復を遅らせてしまうケースも
多いのではないでしょうか。

「どこへ行っても良くならない」という患者さんの声は、
切実な声であり、治療家はその声に耳を傾けることが
必要だと考えています。

あなたの日常生活のアドバイスが、しっかり説明できる
治療院を「かかりつけ医」として選んでください。

良い治療院と信頼関係のもとで繋がることが、
あなたの健康を守ることです。

後悔しない人生を送る

後悔しない人生

私自身、長い間体の不調を経験して、やりたいことが
できない後悔が、いつもありました。

当時を振り返ると、医療に対しての情報や知識もなく、 無知であったことが体の不調を長引かせてしまいました。

健康が大切であることは、誰もがわかっていても、

自分の体の不調は、後回しにして日々の生活や仕事に
頑張り過ぎている方が、とても多く見受けられます。
無理をして症状を悪化させたり、病気になって後悔する
ことは望ましいことではありません。

「もっと自分の体を大切にすれば良かった」という
悲しい後悔です。

後悔する生き方より満足できる生き方をしたいものです。
あなたにとっての幸せとは何でしょうか?

「家族が健康なら、あなたも幸せです。」であれば、
「あなたが健康なら、家族も幸せ」なはずなのです。

健康でいるためには、人生の目的も必要です。

夫婦で助け合うために、子供を支えるために、親の世話を
するために、地域の方の役に立つために・・・

健康でいることは、家族とあなたが関わる方への
愛と気遣いなのではないでしょうか?

 

最後に

患者さんの声

治療家として15年、開業当初は技術の向上に力を注いでいました。
技術を磨けば患者さんを治せる。そう思い込んでいたと思います。

マニュアルに従い、施術をこなしていただけでは、
患者さんは治せない。

大切なことに気がつくまで何年もの月日が経ちました。

「どこへ行っても治らない」という患者さんの声は
自分にも当てはまるのではないか?

治療家としての考え方を変えるきっかけでした。

患者さんの声に耳を傾け、多くのことを学ばせて頂きながら、
少しずつ成長させて頂きました。

人として大切な所に目を向けること。

真摯に患者さんと向き合うことが、治療家として
最も大切なことです。

治療家としての誇りを持って、地域の皆様の健康を見守り、
支える治療院であり続けたいと考えています。

これから当院が目指すものは、一人ひとりの患者さんから
ご家族へ そして、 健康を通じて地域の活性化に貢献することです。

一人の力では限界がありますが、皆様のご協力を
いただきながら、前進してまいります。

これまでに、15年に渡り患者さんの痛みに向き合い、
たくさんの喜びの感想をいただきました。

こちらのページでご紹介しています。

 

「患者さまの声」どうぞご覧下さい。

このページの先頭へ