スポーツ障害:肩・肘・膝・(成長痛)

スポーツ障害の治療

スポーツ障害:肩・肘・膝・(成長痛)の治療

当院では、15年の治療経験の中で、様々な症状や
痛みに悩む患者さんを治療してきました。

関節の痛みは、外傷によるもの。炎症疾患、関節の
亜脱臼など原因は様々です。

スポーツ障害の治療

スポーツ障害は、主に関節の亜脱臼などや、運動によって 過度の負担が繰り返し行うことで、痛みを生じる場合です。

スポーツによって負担の生じる部位はそれぞれですが、 膝の関節、足関節、肩や肘の痛みを訴える方が
多く、

野球、バスケ、バレーボール、サッカー、陸上、
スキー、スケートなどによる膝、肘、肩の痛みを
訴える小学生から高校生が来院されています。

スポーツ障害の治療

外傷や炎症による痛みは、病院や専門医へ
受診してください。

運動後はアイシングをしっかり行い、マッサージや
ストレッチを取り入れることも大切です。

スポーツ障害による関節の痛みでお困りであれば、
当院の治療方針について書きましたので、じっくりとお読みください。

成長痛は、急に骨が伸びる痛み?・・・

スポーツ障害の治療

よく聞かれる成長痛ですが、急に骨が伸びる時の痛みと 言われていることが多いですが、実は必ずしもそうではなく、 どの部分までが成長痛なのか? 医学的には明確にわかっていません。

成長痛の特徴は、夕方から朝方にかけて膝の回りに痛みが生じる。 かかと、股関節など主に下半身に痛みが生じる傾向が 見られます。

膝の成長痛の大半が「オスグットシュラッター病」で、
膝蓋骨の部位に炎症が起きる症状です。

成長期の運動の活発な子どもに発症することが多く、
スポーツをしている場合に非常に多く発症します。

原因としては、自律神経の痛み、疲労やストレス性の
痛みが考えられます。

激しい痛みの時は、安静が必要ですが、

筋肉の緊張を緩め、関節の機能異常を取り除くことで
痛みが消えることが多いです。

当院では、カイロプラクティックやオステオパシー
療法、操体法を組み合わせた治療を行います。

膝の痛みの原因を見極めて、関節の機能回復をし、
痛みの根本改善を目指します

どこへ行っても満足できなくて、お困りのあなたも
お気軽に足を運んでください。

 

◆スポーツ障害の痛みには、こんな治療をします

スポーツ障害の治療

原因によって治療も様々ですが、多くの人が通う整体や マッサージが症状を悪化させることもあります。

痛みの原因はそれぞれで、複数の原因による こともあります。姿勢や疲労、ストレスなどです。
関節の痛みを治すには、原因を知ることが大切です。

多くの場合、身体全体のバランスを調整することで、
痛みの改善が見られます。

当院では、お一人おひとりの異なる状況や生活習慣を
踏まえた上で、症状の原因のプロセスに目を向けた
根本治療を行います。

治療を効果的に行うために、症状についてしっかり
お話を伺います。

問診・検査・触診して治療をすすめていきます。
お体の状態に合わせた最適な治療を提供いたします。

痛みが改善された後も、再発の予防が大切です。

メンタルケアや生活習慣について、ストレッチ法も
アドバイスしています。

わからないことは何でもご相談下さい。

 

スポーツ障害での痛みが改善された患者さんの声

当院に、関節の治療で来院された患者さんから
いただいた感想を紹介いたします。

ご参考になれば幸いです。

魁人くん
<高校生>

「リレーで準優勝することができました」
(腰・足・股関節の痛みで来院されました)

スケートの練習で右の腰を痛め、足首の動きも悪く来院しました。 体の不調があるとケアのために来院しています。 施術後は、痛みが無くなり、体の動きもスムーズです。 前回のシーズン中は国体に出場して、リレーで準優勝することができました。 自己ベストも大幅に伸びて500mでの100m通過タイムは9秒台が出ました。

貴文くん
<中学生>

「自己ベストの記録が出ました」
(膝・足首の関節の不具合で来院されました)

スケートをやっていて足が重く思うように動かなくなってしまいました。 施術をやって頂いて全身が楽に足が軽くなりました。 施術後のスケート大会で2位に入賞。自己ベストの記録が出ました。

 

お気軽にご相談ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ