【頭痛・めまい・ぎっくり腰】寒暖差による体調不良

寒暖差による体調不良

3月は比較的暖かく、4月に桜の開花が1週間も早くなりました。

次の週には、雪になり季節は冬に逆戻り。

朝は氷点下、日中は気温が上がり、夕方からグッと寒さが 来る。

この寒暖差で体調を崩している方が多くおられます。

5月9日は、長野で今年い一番の暑さになりました。

長野市などで30度超え。

朝は、1.4度、日中は30.1度、寒暖差は28.7度です。

1日で3ヶ月の季節変化だそうです。

 

頭痛、めまい、慢性の関節痛、ぎっくり腰の患者さんが来院されています。

 

暑さ寒さによる急激な温度変化も、ストレスの原因です。

季節の変わり目に自律神経失調症が、よく現れるのはこのためです。

寒さによる冷えから、筋肉が硬くなり血行不良が起きて痛みが出たり、

自律神経の機能低下で、体の不調が出るなど。


また、春は就職や転勤、退職、入学など環境の変化によるストレスも

ありますよね。

生活環境の変化は、緊張や不安感を抱かせ、ストレスを感じさせます。

 

五月病という言葉もありますが、5月~6月は体調不良が起きやすい

季節ということです。

 

休息や睡眠で体調が回復できなければ、ケアが必要です。

 

自律神経の不調でお困りなら、お気軽にご相談ください。

 

☆★☆*********************☆★☆

 

【佐久市の整体マッサージ】こばやし施術院

小海駅から徒歩3分。妊婦さん対応の治療院です。

TEL:0267-92-0061

営業時間:9:00~19:00

ブログを見てと・・・お電話ください。

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ